gecko masque

トッケイヤモリ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--

category: スポンサー広告

cm: --

回復記録  


2013年12月の産卵後の記録です。
019.jpg

早朝に産卵を確認して、ひと安心。
夜はコオロギを大量に買って帰宅して
見てみると、なんと!朝と同じポーズに愕然としました。

一日中こうしていたのか、
人間が帰ってきたから、定位置に戻ったのか…?

どちらにしても嫌な予感……
放っておけば出てくると思っていたのですが、
そんなつもりはさらさらない様子。

とりあえず無事に卵も出てきたし、何か食べるはずと
シェルターにいる彼女に
コオロギを差し出したり、水を入れたスプーンを差し出したり。

でも頑なに口を閉じて、どちらも断固拒否の警戒態勢で
後ろ足で卵を握りしめています。

初めて産んだ大切な卵、もう自分の力も残っていないから
「さいごまで守りきるわ」そんな空気が伝わってきました。
それでは困るので、自然に出てくるのを待つのは止めにして

君のことは強引に出すよ。と決意をし、
時間をかけて何とか出てきてもらいました。

威嚇をしたり、逃げたりせず、本当に離れたくないんだと
卵に張り付いているので、罪悪感との戦いでした。
020.jpg
ゲッソリと痩せ細った身体に戸惑いましたが、
チョロチョロ歩き回る様子はまだ元気が残っています。

しかし、コオロギもハニーワームも食べません。

もう3週間食べていないし、お腹も圧迫されていない。
それに空腹なはずだから、絶対食べるはず
食べて大丈夫なはずです。
はずはずはず……

怒って口を開けたりしないので悩んだ末に

021.jpg
コオロギパウダーお口元パックカルシウム入り。

最初は頑なに口を閉じたままでしたが
予想どおり、しばらくするとペロッとなめてくれました。

そして「食べ物」だと気が付いた様子で
全部なめとってくれました。

栄養を摂る糸口が見つかって
またここでひと安心です。

シェルターに産み付けられた卵には
ちっちゃな指の跡が付いていました。

22:07

category: 記録

cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。