gecko masque

トッケイヤモリ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--

category: スポンサー広告

cm: --

殻は食べても卵は食べない  


Vサインの横にころがるうずらの卵

やもママが抱卵中に下唇が傷つくことがあったので、
なんだろうと思っていたのですが、

ある日、
カルシウムパウダーを入れた、コンタクトケースにかぶりついて
ぶんぶん振り回しているところを見かけてしまいました。

いくら大口でも、パウダーが軽くても、
噛み付いて持ち上げたところで飲み込めるはずもなく
ブンブン振り回したところでどうにかなるものでもありません。

カルシウムたっぷりで飲み込めるもの・・・

やもパパが初めての卵を食べてしまったのを思い出して、
卵なら、と、うずらの卵を目の前で転がしてみました。

これで食べてくれたら、カルシウムと栄養と一石二鳥と思ったわけです。

やもママの反応はペロッと舌で確認してカルシウムだとわかったようでした。
早速かぶりついたものの、ツルンと滑って転がってしまう。
ヤモリの口は鳥の卵を食べられる設計になっていないようです。

※卵を目の前に戻して転がす→噛み付く→ツルンと滑って遠くへ転がる→※

そんなことを繰り返しているうちに飽きたようで、
うずらの卵を放置して仲むつまじくVサインをしたときの写真です。

このとき、やもパパの目の前でも転がしてみましたが
ペロッと確認はしたものの、
それ以上の興味は示さず、その後は完全無視でした。

トッケイにとって鳥の卵は
カルシウムと判断するものの、エサの域には入らないようです。

そして、やもママの下唇の怪我が広がる一方だったので
今度は、鶏卵の生の殻だけを与えてみました。

すると・・・

GEDC4003.jpg
バリバリと食べました。
ちなみにやもパパは今度は何の興味も示しませんでした。

白いものはすぐにカルシウムと判断するようですが、
うずらの卵のような柄ものも、ペロッと舌で確認すると
なぜかカルシウムとわかるようです。

以来、鶏卵の殻を置いておくと抱卵すると食べるようになり、
健康状態もぐんぐん良くなりましたが、
一方で消化に良くないという説もあるようです。

しばらく与えていましたが、ある日食べようとするやもママにプッッッ!!!
と、やもパパが警告的な声を出していたことがあります。

もしかしたら、ヤモリ的に良くないのかもしれません。

GEDC4025.jpg
殻を食べるやもママ シーン2

先日カトルちゃんは、古い卵を食べて出してしまいましたが
鶏卵の殻は与えなくても、その後に無事産卵していました。

子供4匹の中で、カトルちゃんだけがなぜか底なし胃袋なんです。
身体は一番小さいのに、食べても食べてもまだ食べたがりますが
野生の判断が狂って、古い卵にかぶりつくほど空腹だったとは。。。

オスがトッケイの卵を食べる場合、
産卵直後から垂れてしまっている弱い卵を
つきたての餅のように食べているところは見かけましたが
初めて産んだ卵は垂れていなかったのに、食べてしまいました。

卵が弱かった可能性も考えられますが、
初めての産卵のときはかなり衰弱していたので
別のケージにシェルターごと移動させて1匹の空間で産卵してもらい
産卵後に、シェルターごと2匹一緒のケージに戻しました。

すっかり固まった卵をやもパパが食べるときの様子も
攻撃的な視線で、怒りの頭突きをしているように見えたことから
オスのテリトリー外で産んだ卵だったので食べた、のかもしれません。

その後、テリトリー(メインケージ)内のシェルターで産んだ卵から4匹孵り
うち2匹は、夫婦のシェルターから孵りました。
スポンサーサイト
tag: トッケイヤモリ 
23:07

category: 記録

cm: 0

【閲覧注意】孵化しなかったミイラdesズー  



嘔吐が下痢か結局わからずじまいですが、異常事態発生により
昨年やもママが産卵した卵のうち孵化せずに、
かつ食べられずに残っている分を手入れしました。(やっと!)

左二つは同じ日に産卵したもの、右はそのちょっと後。(たぶん)
どちらもほぼ1年前のものです。

もしも

もしも中で生きていたら!

というささやかな希望もあったのですが

すっかりミイラ化していました・・・
ピクピク動いている様はみたくなかったので
ミイラで安心したところもあるのですが、、。

IMGP4337.jpg
一番右は黄身のまま。
これが無精卵というものなのでしょうか。

↓次はミイラ化の写真が続きます。
-- 続きを読む --
tag: トッケイヤモリ  産卵  孵化 
22:22

category: 記録

cm: 0

トッケイヤモリ 水中産卵  



1番目のアンちゃんが3回目の産卵をしました。
1回目、2回目は普通にシェルターに産み付けていたのですが、
3回目のときは食欲も落ち、イライラして苦しそうでした。

そんな様子もみて一人ケージに移動して、
すっかり温かいとはいえ、急遽作った場所は床上15センチなので
ほんのりヒーターをつけて、そのうえにシェルターを置いてみました。

餌も食べなくなり、卵詰まりなのか便もせず、
やっとしたと思ったら、尿素なのか卵の殻なのか白いコナコナしたものが
ちょっと出ているくらい。

お水だけなめさせて、温かくして様子を見ていたのですが
一向に産む気配はなく、気持ちが落ち込み始めた朝に
なんと!飲み水入れに大きなぷっくりした卵がふたつ産みつけられていました。

え?これでいいの?と思いつつも、安心感やらうれしいやら
感情の波が忙しい朝でした。

おそらく、暖かいほうが良いだろうと、シェルターの下に敷いていた
パネルヒーターの温度が、ちょっと暑かったのかもしれません。

ただ水入れも透明だし、
それならケージ(衣装ケース)の壁に産み付ければよかったのに。。。

と、謎だらけですが、まずは卵詰まりじゃなくてよかったです。

IMGP4295.jpg
水を抜いてみたら、白玉のようにプルプル。
一日放置してみたのですが、翌日もプルプルのままでした。
おそらく、水中に生みつけたことによって固まる要素が水に溶けちゃったのかな?
と推測。
謎だらけの産卵です。 トッケイヤモリの詳しい図鑑があったらほしいです。

肝心のアンちゃんは、産卵後もイライラしたままです。
どこか痛いのか、精神が疲弊してしまっているのか。

トロワ君ともあまり気が合わないようで、一度ファミリー部屋に戻したのですが
抱卵していたせいか、以前のようにみんなに受け入れてもらえない様子で
一晩明けてみたら、わき腹に歯型がついてしまっていました。

今は個室暮らしが飼い主ともども、一番落ち着きます。

トッケイの多頭飼いの楽しさは、
ファミリー?群れ?というのでしょうか、社会意識があるんだなぁ
とわかるところ。
みんなでスタタタタッと飛び回って遊んでいるような様子を見るとほのぼのします。

ですが群れに慣れなかったり、
やもりですが犬猿の仲のように仲たがいしてしまったりすると、
やはり一匹暮らしが安心です。

怪我や病気のときのことを考えると、
群れてまとまっていたとしても、何かのときのために
一匹1ケージのスペースは必要なのかもしれません。

理想は・・・
6畳くらいのヤモリ部屋を作って、
デコレーションして自由に貼りついてもらいたい^^
なんて夢を見ています。
tag: トッケイヤモリ 
20:07

category: 記録

cm: 0

上顎と下顎のあいだ  



コイと言えば池の鯉くらいしか思い当たらなくなってきた私に、
ヤモパパが喝を入れてくれました。



恋ですね。春の男PRをするヤモパパを撫で続けていたら、
息づかいが荒くなるとともに突然ガップリといただきました。
心拍数MAXです。

仲良くなる前は恐怖心から噛まれたことは何度もあったのですが、
最近は一切なかったので焦りました。

ここでイターイと手をひいてしまうと、私の肉は引きちぎれ、
小さなヤモパパの身体も危険にさらされるんだろうな、と。

とりあえず、落ち着いて見るしかありません。

トッケイの歯は切れ味は鋭いものの、
短いのでこうなっても毛細血管がプチッと切れるくらい。

例えて言うなら、千切りスライサーの歯を短くして
強めの洗濯バサミに装着したような感じでしょうか。

流血はひどいのですが、人間の身体へのダメージよりも
全身で力を込めて噛みついてるヤモリ体のほうが心配です。

自然に話してくれないかなぁとじっと待っていたんですが、
まるでラジオ体操のように
「はい噛みしめて~。ゆるめてから~、また奥歯からぎゅーっと噛みしめて~」

とリズムよく、ギシギシと繰り返しているのを待っているうちに、
プチッと皮膚に食い込む感があったんですね。

「これは食いちぎられるのかな?」と、
そんな予感がふっと頭に浮かんだので、そうっと放そうとしたところ、

どうやら皮膚の繊維にうまい具合に歯が挟まって抜けない&
私の親指の太さ以上にあごが開かず、もう噛み続けるしかないらしいとわかりました。
ケージは目線と同じ高さなので、低いところに移動して何とかしなければ。

大人になってから持ち上げられるのを嫌がるようになったヤモパパ。

ごめんねといいながら仕方なく持ち上げようとしたら、
やっぱり嫌だったようで、頭をブンッブンッブンッと降り切り始めました。

で、その勢いで床にベチッと着地して一件落着。

腹部への衝撃が大きかったようで、しばらく放心状態でした。
プールにお腹で飛び込んだ時のような痛さなのでしょうか。

GEDC4924.jpg
まだ興奮冷めやらぬ目線。

そして、幅のある堅いものをグーッと噛んでしまうとアゴがずれてしまいます。

今のところ大丈夫なのですが
この状態は何度みても心配メーターがぐんと跳ね上がります。

GEDC4929.jpg
気が戻ってきて口の周りをペロペロとなめ始めても、まだずれたまま。
したり顔にみえちゃうのは気のせいでしょうか。

仲良くなる練習の時は小さかったので指を噛ませていたこともあるのですが、
下あごが深海魚のようにぐっと出てしまった日からは、
薄手のウールの手袋を使っていました。
繊維が細かいので、歯が絡みません。

噛みついたらそっと手を抜いて手袋だけ気が済むまで噛ませておくことで、
深海魚みたいにはならなくなりました。

ぎっくり腰を骨格調整で治してきた私としては、骨格のずれは本当に恐ろしいのです。
きっとやもりも同じはず・・・と思ってしまいます。

人間の怪我の様子は↓

GEDC4930.jpg
直後。ちょっと腫れてます。

サルモネラとか破傷風とか菌類は気になりますが、
子供の頃からわりと野性児環境で育ってきたせいなのでしょうか。
これまでも何度か噛まれてますが、全く問題ありません。

GEDC4932.jpg
10分ぐらいして流血が引けたら、傷が浅い事がわかります。
とはいっても、グイッと食い込んだところは跡になるのかもしれません。

GEDC4931.jpg
そして、部屋に戻ったヤモパパ。いつもの表情です。
この時点でアゴの位置はだいぶ戻っていました。再生はやくて一安心です。
翌朝見たら、完全に元の位置に戻ってました。

久しぶりにドキドキしました。


tag: トッケイヤモリ 
02:19

category: 記録

cm: 0

おたまとおまた  


おたま

近所の公園の池でおたまじゃくしが大量発生していました。

こういうのみると、なんだかわくわくして春だな~と思います。

IMGP3530.jpg
みんな葉っぱにつかまってフヨフヨ泳いでて、
小学生の時にプールの淵につかまって、バタ足の練習した時みたい(笑)

近くで公園修理してたお兄さんが、
「なんかいっぱいいるでしょ」って顔をしかめてたのが気がかりですが、 
この量のまま、かえるになって公園中に旅立っていく日をみてみたいです。

おまた

トッケイの雌雄って見分けづらいってよく聞くのですが・・・
わかりづらいですねぇ。

malefemale.jpg
左:オス 右:メス
(プライバシーの関係上誰のおまたなのかは伏せさせていただきます)

どちらも総排出腔からシッポにかけての部分はぷっくりしているように見えます。
総排出腔からちょっと上のなみなみした部分(何か名前あるんでしょうか?)
残念ながら写真には撮れてないのですが、オスはうろこの〇の中心の点が濃く
ちっちゃな的のように見えて、メスはほぼ〇にみえます。

うん。やっぱりわかりづらいですね。

メスは抱卵して産卵が近くなると
おなかから卵がピンク色に透けてみえるようになります。
少しピンクに見えるところが卵1個透けてるところです。
透けてみえるようになって、エサを食べなくなってから2~3日中には産卵してます。
産卵は1~2個。
産卵後はたっぷり食べますので、その日の為に大量に備えておきます(笑)

普段は1日イエコ5匹までなのですが、産卵後は10~15匹以上。
食べたそうにしてたら、都度あげるようにしてますが、
元々少食育ちだからか、2、3日したら元の食量に戻ります。


tag: female  male 
22:38

category: 記録

cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。